心臓をケアして病気を防ごう

心臓の上を何本も走っている冠状の血管で、その動脈を「冠動脈」と言います。
狭心症とは、これら冠動脈に流れている血液が何らかの原因で不足し、心臓の筋肉に酸素不足が生じることで起こる心臓の痛みです。
動脈硬化などで血量が少なくなることが原因と考えられています。

どういった場合に狭心症が起こるかといえば、極度の興奮状態に陥ったときや急に走ったときなどに起りやすいです。
心臓をケアして病気を防ごうとするのは大切なことですが、狭心症はいつ起こってもおかしくはない病気の一種です。

症状としては、胸の痛み、圧迫感、締め付け感、胸焼けなど多岐に渡ります。
耳が痛むとか、左の背中が痛むとか、人によっても痛む場所が変わるのが特徴的です。
小さな部分が局部的に痛む場合は狭心症の可能性は低く、むしろ広範囲において痛みを伴うことが多くあります。

あまりに長く続く場合は医者に診せた方が良いですが、普通は数十秒から数分程度は続きます。

次に、どういった人に起りやすいのかを見てみましょう。
動脈硬化がその主な原因とされているので、コレステロール値の高い人、高血圧患者、糖尿病患者、喫煙者、肥満体質の人に多く発症しています。

血管が硬化するのにはいくつもの原因が考えられますが、老化もその一つと言えます。
狭心症 年齢なるものがあるとすれば、40歳を境にその発症件数が増加しています。

予防策は普段からの生活を健康的に送ることです。
それ以外には、心電図や冠動脈造影なども予防になります。

一旦発症した動脈硬化を元の状態に戻すのは不可能です。
狭心症に対する治療法は、動脈硬化の治療法と同じです。
薬物療法、バイパス手術、カテーテルによる手術などがあります。

これまでは医者に処方箋を書いてもらってから購入していた狭心症薬も、医薬品 ネット販売が普及することでもっと簡単に入手できるようになります。