血管外科通院中の心臓病でもCOOP共済に加入できる

生命保険加入を検討しようとした時、確認しなければならないのが告知事項です。告知事項というのは、過去の罹病歴、入院歴、手術歴に加え現在の健康状態、通院、服薬に至るまでかなり多岐にわたる記入事項があります。これを見て、保険会社が生命保険への加入の可否を決める訳です。加入時に告知事項に偽りが有った場合、最悪保険金の支払いがされない場合があります。大手生命保険では、血管外科に通院歴や入院歴があり持病として心臓病を患っている状況ですと加入出来ない可能性が高くなります。なぜなら、健康リスクが高く。保険金支払いの可能性が高いと判断するからです。心臓病は完治が難しい病気です。血管外科に通って健康状態を長年保っているいるから、今は問題無いと本人が思っていてもなかなか難しいのです。では、加入は絶対無理なのかといえば違うのです。例えばCOOP共済の例を見てみましょう。このCOOP共済は、COOPの組合員ならば、誰でも加入できる保険になります。先天性の心疾患の方でも、加入できると言う広告も出しており比較的緩やかな加入条件になってきます。具体的に見て見ますとイ.入院中である。ロ.医師から、今後、入院または手術をしたほうがよいといわれている。という記述が見られます。この場合、心臓病で血管外科に通院中であっても加入出来るという訳です。心臓病で過去に手術をしていても、現在小康状態で有れば、加入が出来るという解釈が出来ます。COOP共済は、飽くまで組合員の為の保険になりますので共済加入時にはCOOPへの加入も必要ですので、その辺りも考慮に入れておく事をお勧めします。COOP加入は、数百円程度の出資金を支払うだけです。その後、増資を進められるという点があります。しかし、出資金は退会時に全額返済されますので安心して入会できます。告知条件に不安を感じておられる方は、COOP共済を検討してみてはいかがでしょうか。