心臓病の危険をさげることを日本動脈硬化学会が発表

心臓病は、心臓に関するさまざまな疾患であり、心疾患とも呼ばれています。
心臓病には、心不全や心内膜炎、心臓弁膜症、心膜炎、先天性心疾患、心筋炎、狭心症、心筋梗塞、心臓性喘息などがあり、深刻な症状になることが多いです。
心臓病は、日本心臓病学会や日本動脈硬化学会などでさまざまな研究結果が公表されています。
日本動脈硬化学会によると、血管の動脈硬化が進むことで、心臓病のリスクが高まってしまい、死に至る危険性があるとされているため、動脈硬化を改善することが重要だとされています。
日本動脈硬化学会では、コレステロールの摂取を注意することが重要だと発表されています。コレステロールの摂取量を減らすことで、血中のコレステロールさげることで動脈硬化を改善することができ、心疾患のリスクをさげることができるとされています。
たばこを吸うことで、動脈硬化を基盤として発症する冠動脈疾患や、脳血管障害、大動脈瘤、末梢血管疾患などの心血管病のリスクを高めてしまうため、日本動脈硬化学会では、禁煙を推進しています。
メタボリックシンドロームも心臓病や動脈硬化を進めてしまうため、食生活などを見直す必要もあります。アメリカ心臓協会によると、必要以上にカロリーを摂りすぎないようにして、体重を維持し続けることで、さまざまな病気のリスクをさげることが重要だとされています。脂質は、全カロリーの25~35%までの摂取にとどめることが重要であり、大部分は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸にするべきだということも報告されています。ほとんど毎日運動することが大事であり、少なくとも30分の運動をする必要があるとされています。アルコールは男性は1日2杯、女性は1日1杯までに抑えることが大事であり、このことを守ることで、心臓病だけでなく、さまざまな病気を予防することができます。