自動体外式除細動器(AED)の使い方

自動体外式除細動器(AED)は、誰でも簡単に除細動が出来るように作られた機械です。

自動体外式除細動器(AED)の使い方は、電源を入れると手順が音声で流れる仕組みになっています。

まず、着ている衣類をはぎ、肌に電極(パッド)を2つ心臓の両側に貼り付けます。
貼り付ける位置はパッドに書いてあります。
パッドと機械がつながっているものもありますが、繋がっていない場合は、パッドと機械を繋ぐためのコネクターがあるので差し込んで繋げます。
パッドが機械につながると、機械が心電図を読み取り除細動が必要か判断します。
除細動が必要と判断された場合、「除細動が必要です。
」と言う音声が流れます。
それと同時に機械が充電を始め、充電が終わるとボタンが点滅します。
ボタンを押すと除細動が行われますが、除細動を行う際には、患者の体に触れていると誤作動を起こしたり、感電する危険もあるので、必ず周りの人が患者から離れているかを確認することが重要です。

除細動が終わったら、また音声が流れるので、音声の指示に従います。
除細動が必要と流れた場合は、1回目と同じように除細動を始めます。
胸骨圧迫を始めて下さいと流れれば胸骨を圧迫します。

AEDは誰でも簡単に使えるように出来ていますが、慌てず冷静に音声に従うことが大事です。